FC2ブログ

kakinomi.jpg
梅雨の日

今日は梅雨らしい雨。
まだ熟れていない柿の実が雨に濡れている。
果物にとってこの雨は恵の雨。
甘~く成長してくれよ。



買ったもの、買い物したこと

最近あまり出歩いていない。
長い距離は歩けないけど、
「外に出ることは刺激になっていいからたまには出掛けてくださいね」
と主治医の先生から言われている。
先日、久々にスーパーに買い物に連れ出した。

スーパーに買い物と行ってもスーパー内を歩いて一周回るのは無理。
スーパーに着いたら車椅子があるかを確認。
今の時代、だいたいどこのスーパーやショッピングセンターにも
車椅子は常備してある。
非常にありがたい。

車椅子に乗せて買い物を始める。
必要なものを買い物かごに入れて、
「他に何か欲しいものはないか?」と尋ねる。
必ず欲しいと言うのが「饅頭」
年寄りは饅頭が好き?
年を取るとケーキよりも饅頭なんですね。
洋菓子より和菓子。
洋食より和食。
なぜなんでしょうか?

この日は他に「ゼリー」を買ってきた。

家に帰ってしばらくしてから、おやつとしてさっき買ってきたものを
食べさそうと思い、聞きに行く。
「さっき買うてきたもの食べるか?」
「さっき?なんか買うてきたか?」と。
ありゃりゃ、またか・・・
せっかく連れ出して、欲しいものを買ってきたのに
それを覚えていない。
ついさっきのことなのに・・・

寂しい話ですわ。
張り合いない話ですわ。
あくる日になると買い物に行ったことすら忘れている。
まぁこんなもんか・・・



ランキングに参加中。ポチッとお願いします


こちらもお願い
にほんブログ村 病気ブログへ

こちらも



スポンサーサイト

先日トイレで・・・

がしたいと
言うのでトイレに連れて行って、リハパン下して便座に座らせたら、
ポロンと小さいがこぼれ落ちた。
ありゃりゃ・・・
まぁそれはしょうがないとして、それを自分の手で、素手で拾おうとする。
「こらこら、そんなもん汚いやないか」と言っても、
「なんでや、自分のやでええやないか」と答える。
確かにリハパン内にちびった時なんかは俺が手で拭いてシャワーで
洗い流しているけど、トイレットペーパーが目の前にあるの
だから、それを使って拾えばいい話。
ALSで手が動かないのに無理してでも手で拾おうとする。

「汚い物は汚いと思え!」と言ったけど、
わかっているのかわかっていないのかがわからない。
終いには「もうどうでもええわ・・・」といつものごとく
諦めたような口調。

こういうことを言いだすと、決まってまた喧嘩が始まる。
まぁ同じことの繰り返し。
昔のおかんはこんなんじゃなかったのに・・・とつい思ってしまう。

俺は介護には向いてないのかもしれない・・・
いや向いてないな。



ランキングに参加中。ポチッとお願いします


こちらもお願い
にほんブログ村 病気ブログへ

こちらも



ajisai2.jpg

梅雨の時期に咲く紫陽花の花。
うちの庭の紫陽花を見たら、2色の
花が咲いていました。
調べたら突然変異ではないかと。
紫陽花の花の色は土壌の酸性度によって変わるとか。
同じ茎の花の色が違うのはやっぱり突然変異なんでしょうか。



げっ!徘徊!?

リビングでくつろいでいたら突然愛犬が外を見て鳴き出した。
カーテンを開けて外を見ると、なんと!
おかんが外を歩いているではないか!
慌てて戸を開けて
「何しとるんや?」と聞いたら、
「孫を探しに行くんやわ」と。
「孫?誰のことや?」
「さっきまで部屋におったけど、どっか行っておらんで
探しにいくんや」

「孫は仕事行っておらんぞ」
「その孫ちゃう」
「どの孫や?」
「もっと小さい孫やわ」
「そんな孫、うちにはおらんわ」
「嘘つけ~」
「嘘なわけないやろ!」
てなもんで、完全におかしい。

認知症警報発令!
体調が悪いと認知症が急に顔を出すことがある。
それよりも、外へ一人で勝手に出てったことに驚いた。
おかんは歩ける距離はせいぜい50メートルほど。
50メートル進んだら帰る力はもうない。
それに途中でこけること間違いない。
アスファルトでこけたら顔面血だらけか顔面骨折。
下手したらそれ以上のことがあるかもしれない。

「徘徊」とはこういうことなんでしょうね。
うちのおかんはALSのおかげ?で徘徊はできない。
不幸中の幸い・・・?
この言葉も適切かどうかわからない。
ALSは紫陽花と同じで突然変異でしょうか。

足腰しっかりした人の認知症の介護をされている方々のご苦労が、
このとき少しだけわかった気がする。


たまたま愛犬が鳴いて教えてくれたから気付いたけど、
もしあのまま道路まで出て行ってたらと考えると恐ろしい。
愛犬よありがとう


もうやばい。。。
玄関の施錠を忘れずにしておこう。






ランキングに参加中。ポチッとお願いします


こちらもお願い
にほんブログ村 病気ブログへ

こちらも



cho.jpg
オレンジ色に黒い斑点

梅雨の中休みでしょうか。
蝶々が飛んでいました。
この蝶々を調べたら「ベニシジミ」という名前らしいです。
「花に蝶」ってなんか綺麗ですね。

因みに花の方は「シャスターデージー」かな?


運動より寝まくる

運動をするように主治医の先生からも、ケアマネからも、
施設の職員からもみんなから言われているのに、やらない。
それよりも睡眠時間がハンパない。
「ようそんに寝るなぁ」というぐらいよく寝る。

朝8時に起こしてもなかなか起きてこないのに、
朝食を食べてから部屋に戻るとすぐにベッドに横になりよる。
昼食食べた後も同じように昼寝。
夜は夜でパッドとリハパンを交換する必要があるのに
勝手に早く寝ている。
大して体を動かしていないのに、である。

高齢者って睡眠時間短いんじゃないんですか
うちのおかんてほんと不思議な人間です。
神経図太いのか、無神経なのか、何も考えてないのか・・・
全部でしょうね。


自分が年を取ったらどうなるのだろうか。。。
似たもの親子になるのかな?
それは勘弁願いたい・・・



ランキングに参加中。ポチッとお願いします


こちらもお願い
にほんブログ村 病気ブログへ

こちらも


ケアマネ来訪日

今日はケアマネが来てくれる日。
ケアマネがいろいろとアドバイスをしてくれる。
俺じゃなくおかんに。
でも、ほとんど・・・いや全部忘れてしまう。
ケアマネさんにも
「せっかくアドバイスしてもろても全部忘れてしまうよ」
とは告げている。
でもそこはケアマネとしての業務をこなさなければならない。

おかんは、会話は成立する。
だからケアマネも会話が普通にできているので、
アドバイスをいろいろとしてくれる。
でもおかんはそのアドバイスを覚えていない。
どうしても覚えられないことを前提にしたアドバイスができない。

まぁ難儀なやっちゃ。
この状態はいつまで続くのだろうか。
先日の主治医の往診で、
「ALSはだいたい2~3年で他界するんですけどねぇ。
ALSじゃないのかな?」と言われた。

もうじき丸8年。
老衰とALS。
どちらが先に迎えにくるのだろう。


夜の空、何気なく撮っただけなのに
yozora2.jpg
青い筋が映った。
これはなんでしょか?



ランキングに参加中。ポチッとお願いします


こちらもお願い
にほんブログ村 病気ブログへ

こちらも

katatsumuri.jpg
梅雨らしくなりました

かたつむりが背中に友達を乗せてゆっくり散歩してました。
俺は愛犬の散歩、かたつむりは虫と一緒に散歩。
雨が降ると道路上にかたつむりが沢山います。
車に轢かれませんように・・・



食事は完全介護に

以前は何とか自分で食べていた。
頑張ってフォークを持って、頑張って突き刺して、
頑張って口をフォークまで持って行ってほうばる。
これもリハビリのうち。

それがいつの間にかできなくなった。
ほんとに頑張ってきたけど、もう頑張れない。
手が、腕が動かない。
動くのは指先が少しだけ。

朝はパン食なので、今でも少しでもリハビリを兼ねて
頑張ってもらうために、テーブルの上に腕を乗せてやり、
そこから指先だけを使ってパンを食べている。

昼食と夕食はさすがに完全介護になる。


腕から始まるALSと足から始まるALS。
どちらがどうかはわからない。
足が動かないのは移動はできないけど、
手でできることはすべてできる。
手が動かないと歩く以外は何もできない。
その歩くのすらバランスがとりにくい。

人間の手、
本当に大事ですね。
おかんを見てるとつくづく思う。



ランキングに参加中。ポチッとお願いします


こちらもお願い
にほんブログ村 病気ブログへ

こちらも



hana2.jpg
黄色い花

花の名前は・・・わかりません。
花ってすごく綺麗で可憐で可愛くて、
色んな形をしてますね。
花に興味はなかったんですが、
最近目を引き付けられます。
なぜかはわかりません。
道端に咲いている雑草の花が「頑張っているな」と。



呼び出しボタンが二つ?

おかんの部屋に、俺を呼ぶための呼び出しボタンがひとつある。
ボタンはそのひとつだけ。

この間、縁で日向ぼっこをしていたおかんが、
「ボタンを押そと思たけど、あらへん」と言う。
「ボタンは部屋にあるやん」と俺が言うと、
「もうひとつここにあったやん」と。

ボタンはひとつしかない。
部屋から縁までは一間あるだけで、
ふすまは全部開けてあったから、
振り返ればボタンが見えるはず。
でもここにもうひとつあったと言う。

こんな軽い認知症なうちはまだいい。
これから悪化していくのだろうか。
一応認知症の薬を飲んでいるが、治す薬はない。


ついこの間、「これはまずい!」ということが起こった。
「ALS+認知症」がちょっと恐ろしくなってきた。



小林麻央さんがお亡くなりになりました。
34歳という若さでおよそ2年8カ月の闘病の末。
亡くなる直前に海老蔵さんに
「愛している」
の一言を残して旅立った。
麻央さんのブログ・・・もう更新されることはない。
ご冥福をお祈りいたします。



ランキングに参加中。ポチッとお願いします


こちらもお願い
にほんブログ村 病気ブログへ

こちらも

親戚のおじさんに呼ばれる

親戚のおじさんとはおかんの旦那の兄。
俺から見た伯父さん。
伯父さんもだいも体調が悪く、鼻からチューブを
通してほぼ横になっているし、耳も遠い。

この伯父さん、昔は会社社長で町会議員もやっていて
優秀な人間だった。
それが今では奥さんに一緒に居てもらわないと不安で
仕方がないらしい。

実際呼ばれたのは奥さん(伯母さん)から。
「ずっと一緒に居るのもしんどいので、話し相手になったって」と。
話し相手と言われてもALS+認知症のおかんが話し相手になるのかな、と
気をもみながら行ってみる。

・・・案の定、会話が成り立たない。
記憶力のないおかんと耳が遠い伯父さん。
その時に「○○(おかんの兄)は元気なんか?」
と聞かれて「元気にしとるよ」と答えていた。
兄の死を覚えていない。

それでも伯父さんの気が紛れるならいいのかな、
伯母さんが少しでも楽になれるならいいのかな、
そう言い聞かせて帰ってきた。

そのあとも呼ばれたけど、おかんだけを残して
俺は帰ってきた。
迎えに行って「どんなこと喋った?」と聞いても
ほとんど覚えていない。

う~ん・・・


見上げた夜空は星ひとつ。
yozora.jpg

真ん中にひとつあるんですが、見えませんね(^^;)


ポチッとお願いします
↓  ↓  ↓  ↓


こちらもお願い
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 病気ブログへ

さらにこちらもポチッっと
↓  ↓  ↓



唯一の兄妹、兄の死

実家にいたおかんの実の兄が亡くなった。
もう二年半前になるだろうか。
その時おかんはまだしっかりしていたので、
「行くか?」と問うと、「行かん」と。
ALSでしんどいのはわかるけど、行かんとは・・・

結局行くことになり、車に乗せて実家まで走った。
二人兄妹の兄の死。
悲しみに暮れるかと思いきや、そうでもなく
冷静だった。

おかんは元看護師なので、人の死はたくさん見てきている。
そのせいで、人の死には慣れているのかもしれない。
でも実の兄。
そんなものなのかな。

葬儀には参列せず、俺と俺の弟が参列。
実家がちょっと遠くにあるということもあって、
もう付き合いも薄くなりつつある。


そのおかんが兄の死を忘れるとは・・・
つい最近の話。


見上げた空は曇っていた。
kumorizora.jpg



ポチッとお願いします
↓  ↓  ↓  ↓


こちらもお願い
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 病気ブログへ

さらにこちらもポチッっと
↓  ↓  ↓



hana1.jpg
花一輪

ピンク色の可愛い花。
血管が通っているかのような花。
生々しく生きているようにも見える。
短命ながらも生きる花。


リハパンから尿漏れ

昨日の記事に書いたように、腰が痛いせいで
横向きに寝るので、リハパンの横っちょからよく
尿を漏らす。
そうすると、シーツが汚れる。
当然ズボンも汚れる。
これが面倒。
リハパン交換と同時にズボンも履き替える必要がある。
ズボンが足らなくなる。
買いに走る。
無駄とは言わないけど、余計な出費。
洗濯すればいいと思うけど、ズボン一枚だけ洗濯していると
効率が悪い。

夏場は洗濯するとすぐに乾くからいいけど、
冬場や雨のときは、なかなか乾かない。


介護を兼ねて家事もやっていますが、
世の家事をしているお母さん方、大変ですね。
ご苦労様ですm(__)m



ポチッとお願いします
↓  ↓  ↓  ↓


こちらもお願い
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 病気ブログへ

さらにこちらもポチッっと
↓  ↓  ↓